独居老婆の日々

余生は本音を言って生きたい。

愚痴になります

「一人口は食えぬが二人口は食える」と
昔から言われていましたが夫が他界して十数年…


一人暮らしは無駄が多く同じ惣菜を二度も食べる日が続くと
そのとおりだとつくづく実感します。
(なのにお金が残らない!)


今夜は冷凍保存していたカレーで晩酌しましたが
明日は何になるか冷凍室の中をみて決めましょう。

仕事とはいえ親切な対応が

嬉しかったです。


昨日、ホームセンターの園芸用品売り場へ行ったのですが
購入予定のメネデールをレジの店員さんに訊くと品がなく代替品を
勧められ購入し他にも針金やチューブなど買いたい品があったので
お聞きすると売り場は2階ですと丁寧に欲しい品が置いている売り場を説明して
くださり(通路番号まで書いて)必要なチューブは細すぎるので
金魚用チューブ売り場で探してくださいとメモに書いてくださったので
迷うことなく買うことができました。


そして、再び園芸用品売り場に戻り買い物をしてレジに行くと
覚えていてくれたのか店員さんが
「メネデールが有りました」と報せてくださり
「返金にお手間をお掛けしますが買われた代替品は
返品にしましょう」とサービスカウンターまで一緒に来て
サービスカウンターの方に説明をしてくださったので
スムーズに返品処理も終わり返金も受けました。


メネデールがあったのを知らんぷりしていれば済むのに
親切に教えてくださった店員さんには感謝しかありません。


帰宅してからメネデールを薄め芽分けの植え替えをしました。
(植え替えの時期は今ではないようですが)


針金の出番は未だ先のようですが気の早い私です。


お陰で昨日は心ほっこりウキウキの一日でした。


苔も根付いたようで一安心かな?。

北の大地の思い出

2016年9月とあるのでライラックの花の時期に
訪れた年より1年前になるようです。


青池はブルーの色が神秘的な池でした。


マップは大雪山旭岳の姿見の池を巡るルートです。


私の目的地は「姿見の池」でパンフレットでは誰でも
行けそうなハイキングコースとありましたが道が険しく感じ
私の足では無理で上れないところは四つん這いで
下りられないところはお尻から滑り下りたりして
五か所の展望台を踏破しました。


帰りのロープウェイは景色を見るのに窓際に陣取りたいので
ロープウェイ乗り場に早目に並び撮った旭岳の紅葉の画像は
今も大切な画像で季節を問わずパソコンの
待ち受け画面にもなっています。


こうした画像を見ながら元気だった昔を偲んでいます。